2012年 06月 19日
子供の血液検査を受けてきました
内部被ばくについて、積極的に取り組んでくださる先生を探すのはとても大変なことです。しかしひょんなことからフェイスブックで見つけたお医者さまが、気になる症状があったらお話を聞いてくださるとのこと。

ニモは、これといった症状はないのですが、内部被ばくによる何か変異がないかが気になっていたので、血液検査を受けることにしました。

この血液検査では、甲状腺の異常やその他の内臓の異常などをチェックしてもらえます。

ニモには、なんのための採血かを説明しました。

本番で、いやがって採血できないと困りますし。適当なことを言って病院に連れて行って、母親にだまされた(母親は本当のことを言わない)と思われても困ります。

針を刺すことを説明したらポロポロと泣いて、その夜なんと発熱!

怖い夢にうなされて、泣きながら目を覚ましました。「だいじょうぶだよ」と抱っこしても、うなされたまま納得せず…。やっと冷静になって、冷たいタオルを頭に眠りました。

翌朝は、元気に保育園。

よほど、採血が怖かったのかも知れません。

今日の当日は、ごく冷静でした。

先生が針を刺したら、また大粒の涙があふれてきました。

それでもいやがることなく、先生が「あと10で終わるからね」とカウントしてくださるのをじっとがまんしていました。先生も、ニモを誉めてくれました。

e0258167_083265.jpg


「たぶん、でないでしょう」とのこと。

甲状腺の触診でも、異常なし。

食べ物を気をつけるようにアドバイスをいただきました。それと、マルチビタミン・ミネラルの摂取によるミネラル飽和と、抗酸化対策も言われました。子供だけでなく、大人も飲むように、と。

チェルノブイリは地産地消だったため、内部被ばくの被害が大きかったと考えられるそうです。

結果は一週間後!


e0258167_121484.gif関連記事
子どもにマルチミネラルを飲ませるか…
先生のオススメのマルチビタミン・ミネラルは、この記事のリンクにあるUPキッズ/60粒だそうです。オーガニックの自然な原料を使っています。
ニモには、これを飲ませていたので、嬉しかったです。
[PR]

by mynimo | 2012-06-19 00:19 | 放射能関連コラム


<< 内部被ばくについてニモの血液検...      Oxford Picture ... >>