2012年 10月 14日
巣立ちヒナを育てるのは違法!?
パル子はすぐ私たちに慣れて、当然のようにエサを食べました。

手を差し出すと、ちょんっと乗ります。

とにかくよく食べて、うんちをして、そして眠ります。これは、人間の赤ちゃんと同じですね。

この尾羽の短さ、かわいいです♪

e0258167_22475229.jpg


巣立ちヒナを拾ったのは、初めてだったので、まずネットで情報を集めました。
巣立ちヒナを育てることで、わかったことは以下の通り。

  • エサはすりエサとワームを与える
  • 巣立ちヒナは寒さに弱い
  • ヒナはエサを1~2時間おきに食べなければ死んでしまう
  • 寄生虫が必ずいるので、要注意(特に小さな子どもは感染症になることも)
  • むやみに洗ってはいけない

そして、もっと大事なことがわかってきました。

  • 巣立ちヒナ(野鳥)を家で飼うことは違法である
  • ヒナの近くには親鳥がいたはず。放置しておけば、親がエサを運んで来てケアしたかも
  • ヒナを拾うのは、強盗も同じ…


( ̄▽ ̄;)!!ガーン 違法…

すぐに獣医に電話をして、まず病気の検査をしてもらえないかと問合せました。

「すこし面倒を見てリリースするくらいだったら、そんなに心配することはない」との回答。

次に市役所に電話。

担当の人はとってもシビアな声で、「家で飼うことはできないので、保護施設に持っていってください。素人が巣立ちヒナを育てることは難しいので、専門家に渡してください。もう、ヒナを見つけても拾わないでください」とのこと…。

へこみました…

まず、「拾ってはいけない」ということを知りませんでした。しかも違法とは…

保護施設に持っていく移動用のケージも必要です。それに、もう情が移ってしまいました…

e0258167_22485773.jpge0258167_22491121.jpg


パル子は、ほんとに食いしん坊で、よく食べます。お箸お親鳥のくちばし代わりにして、みじん切りにした小松菜を混ぜたヒナ用のすりエサを与えました。

「リリースするまでは、うちでケアしよう」と結論し、もう一度、獣医に電話。やはり、病気が気になりました。

見ると、お尻や首の羽根がありません…。この子、もしかしたら病気なのでしょうか…

どうやら、ヒナはまだおハゲが残っているそう。これは病気ではないようです。

感染症についても、気をつけるべきは鳥インフルエンザなどですが、今の季節(夏)では、あまりないことだし、手をこまめに洗うなどすれば問題ないとのこと。

「お飼いになるの?」と、獣医さん。

「いえ…、まだ決めていません」

「お子さんが、力の加減をわからずにつぶしてしまったりしないように気をつけてくださいね。扱いは大事に」とやさしくアドバイスしてくださいました。

結局、獣医さんに検査してもらわず、清潔に保つことでクリアすることにしました。


ブログ内関連記事>>
シジュウカラのパル子です
[PR]

by mynimo | 2012-10-14 23:02 | 日常のこと


<< オレンジでハロウィン♪      シジュウカラのパル子です♪ >>