「ほっ」と。キャンペーン
<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2012年 06月 26日
内部被ばくについてニモの血液検査の結果(5歳児@川崎市)
内部被ばく検査に対して協力的なお医者さまを見つけたので、さっそくニモの血液検査に行ってきました。

その結果がでました。

結論は2点。
  • 甲状腺の異常はなし
  • リンパ球(A-LY)に異常あり
です。

甲状腺については、福一事故後の3月20日に代々木のレストランに食事をしに外出していたので、どうかなぁと思ったのですが大丈夫でした。当日は、放射性プルームが関東へも流れていたタイミングだったので心配したのですが、プルームは上空高くだったのかも知れません。

そして、リンパ球の異常について。

e0258167_10212084.jpg

A-LYに1.0という数字が出ました。

通常、ここは0になるはずのところ。

異形リンパ球といって、なんらかの影響でリンパ球が幼若化することで、腫瘍性の異常なリンパ球とはちがいます。

まず安心。

異形リンパ球が出る原因は多くて、ウィルス感染、風疹、麻疹、薬剤・ホルモンなどの反応、放射線、自己免疫疾患などがあり、どれかと特定するのは難しいそうです。

で、原因のひとつに「放射線」というのがあり、内部被ばくかも知れないと疑います。

ここは川崎ですが、このあたりの地域では少ないそうですが、千葉県などでは数名の子供に出ていると教えていただきました。

ただ健常な大人、10%ほどの子供からも出ることがあり、誤差の範囲ということも考えられます

「なにか保育園で気になることはありますか?」という先生の問い。

「給食はやめて、お弁当と牛乳、おやつも持たせているし…。砂場の線量が0.11μSv/hなのが気になります」

ニモは冬の間、指先にささくれができていたので、砂を触って傷口から入ったかも…

「傷から入ることはありますが、きちんと手洗いをしていたら問題ないです。直接、手をなめるということをしているのでなければ」と、先生。

なるほど、ささくれ説も微妙かな。

そして、家に帰ってよくよく考えたら!?「あれ…爪かも!!」

ニモは爪を噛むくせがあって、この半年くらい手の爪は一度も切ってないんです!

そう思うとなんだか腹立たしくて。どっと疲れが出て夕飯前に、1時間ほど寝込んでしまいました。

お弁当を作って持たせても、汚れた手の爪をかんでたら、直接、放射性物質を食べてるようなものじゃない!?ニモに対しても腹がたったし、高い線量についてはお話したのにその砂場でいまだに遊ばせる園にも腹がたちました。

でもなぜか「もっと爪のことを徹底させなかったのだろう」と自分を責める気分にはなりませんでした。私はけっこうがんばっていると思います。

ただ、そのポイントを見過ごしていたことは残念感満載でした。「え?そこ~?」って感じです。

先生のアドバイスは2点。
  • 内部被ばくについての尿検査を受ける
  • ビタミンCを毎日きちんと摂る
  • 3カ月後に血液再検査をする
です。

サプリは飲ませていたのですが、毎日ではなかったです。これからは、忘れずあげようと思います。ビタミンCを摂ることで、数値が変わることもあるそうです。

尿検査も、受けてみようかと思います。

それとニモの爪については、保育園の先生にご相談してみようと思います。爪をかむ癖は精神的にも衛生的にもよくないし。これは園の強力なしには解決しそうにありません。

現状把握の目的で受けたニモの血液検査。

「移住も視野に入れているんです」と言うと、

「このあたりの空間線量は落ち着いているし、食べ物さえ気をつけていれば緊急に移住という必要はないと考えています。移住することのリスク(収入面など)とのバランスをよく考えたほうがよいと思います」と先生のアドバイス。

診察室を出るところで「大きな問題ではないので、あまり深刻にならないように」と言い添えていただきました。

…私、そんなひどい顔していたのかな…食べ物には気をつけているし、きっと問題なし~♪と高をくくって行ったので、かなり不意打ちにあった気分は否めませんが…

まずは、爪に気づけたことは大収穫!

そしてすぐに移住する必要はないというのも、ひとつの結論です。


e0258167_13311679.gifブログ内関連記事
子供の血液検査を受けてきました

e0258167_13311679.gif参考記事
異型リンパ球について
放射能健康相談.com 診察室より No.1
異形リンパ球陽性
[PR]

by mynimo | 2012-06-26 01:10 | 放射能関連コラム
2012年 06月 19日
子供の血液検査を受けてきました
内部被ばくについて、積極的に取り組んでくださる先生を探すのはとても大変なことです。しかしひょんなことからフェイスブックで見つけたお医者さまが、気になる症状があったらお話を聞いてくださるとのこと。

ニモは、これといった症状はないのですが、内部被ばくによる何か変異がないかが気になっていたので、血液検査を受けることにしました。

この血液検査では、甲状腺の異常やその他の内臓の異常などをチェックしてもらえます。

ニモには、なんのための採血かを説明しました。

本番で、いやがって採血できないと困りますし。適当なことを言って病院に連れて行って、母親にだまされた(母親は本当のことを言わない)と思われても困ります。

針を刺すことを説明したらポロポロと泣いて、その夜なんと発熱!

怖い夢にうなされて、泣きながら目を覚ましました。「だいじょうぶだよ」と抱っこしても、うなされたまま納得せず…。やっと冷静になって、冷たいタオルを頭に眠りました。

翌朝は、元気に保育園。

よほど、採血が怖かったのかも知れません。

今日の当日は、ごく冷静でした。

先生が針を刺したら、また大粒の涙があふれてきました。

それでもいやがることなく、先生が「あと10で終わるからね」とカウントしてくださるのをじっとがまんしていました。先生も、ニモを誉めてくれました。

e0258167_083265.jpg


「たぶん、でないでしょう」とのこと。

甲状腺の触診でも、異常なし。

食べ物を気をつけるようにアドバイスをいただきました。それと、マルチビタミン・ミネラルの摂取によるミネラル飽和と、抗酸化対策も言われました。子供だけでなく、大人も飲むように、と。

チェルノブイリは地産地消だったため、内部被ばくの被害が大きかったと考えられるそうです。

結果は一週間後!


e0258167_121484.gif関連記事
子どもにマルチミネラルを飲ませるか…
先生のオススメのマルチビタミン・ミネラルは、この記事のリンクにあるUPキッズ/60粒だそうです。オーガニックの自然な原料を使っています。
ニモには、これを飲ませていたので、嬉しかったです。
[PR]

by mynimo | 2012-06-19 00:19 | 放射能関連コラム
2012年 06月 01日
Oxford Picture Dictionary 「オックスフォード ピクチャー ディクショナリ」
夜、眠る前にニモが本をリクエストするのですが、なぜかときどき"Oxford Picture Dictionary"(オックスフォード・ピクチャー・ディクショナリ)を読みたいと言います。

これはいわゆる図鑑で、ストーリーはないのですが、見開きページを使った街のイラストを見て「フェラーリどこだ」とか「タクシーはどれ?」とかやるのが好きです。(もちろん、フェラーリはありません…)

特に好きなのが、宇宙のページ

5月21日に金冠日蝕がありましたが、「ママ、これを見るの?」と皆既日蝕の絵を持ってきます

「あんまり暗くならない?」と少々、心配そう。「日蝕は太陽が月に食べられちゃうんだよ~」と尾ヒレをつけて脅しすぎました…。

保育園から帰ると「ディクショナリがない~」と探しているので、出してあげると、本を広げてレゴで遊びはじめました

e0258167_16121869.jpg

宇宙ステーションをレゴで作って、自慢げにやってきました。

日本語もままらないニモなので、まずは主に日本語を覚えるためにこれを使っています。

イラストもキレイだし、とにかく細かい。大人は、英語の勉強になります。

ほかにニモの好きなページは、ハンバーガー屋さんと車のページ。マクドナルドのハッピーセットは「見るだけ」なのでその欲求を癒しているのかも知れません~


Oxford Picture Dictionary: English/ Japanese
日本語と英語の対訳がついています。
[PR]

by mynimo | 2012-06-01 16:37 | ニモが好きな本